症状固定と障害認定

Pocket

症状固定と障害認定というのが、交通事故の示談交渉では必要なものとなります。症状固定とはどういうものなのかというと、簡単に言えば被害に遭った人がどのような症状に悩まされているのかを確定するためのものです。医学上で承認された治療方法を活用しても、その効果が期待できない状況だった場合で、さらにその症状が残ってしまう場合などに症状固定をするという意味合いとなります。つまり、障害認定にも似ているものだと言えるでしょう。実際に交通事故被害に遭ってしまった方は、身体に障害が残る可能性もありますし、心にも障害が残ることがあります。

それらの条件を加味して、相手に示談交渉していくことも可能ということです。当然ですが、それらの症状固定や障害認定というのは、個人の力ではなかなか難しいところもあります。だからこそ、専門知識が豊富な弁護士に依頼するのが良いのです。弁護士に相談すれば、それらの条件をまとめて、相手と示談交渉してくれます。当然ですが、こちらが被害に遭っている場合は、賠償請求なども可能となります。慰謝料請求なども考えている方は、ぜひ弁護士に相談して決めていくようにしてください。臆することなく相談することが重要です。