示談に必要な条件

Pocket

交通事故で示談交渉する場合は、必要となる条件などが必須です。そもそもどういう状況で事故になってしまったのかという点も重要ですし、どちらに過失があるのかについても重要となります。示談交渉をする場合は、基本的に被害に遭っている側がどちらなのかを明確にすることが必要で、被害を加えた側も明確にしなくてはなりません。それらの状況をまとめておくことも重要となります。特に示談交渉の際には、それらの状況証拠が重要です。なぜなら、交通事故に遭っている人たちの状況は、その本人たちにしかわからないためです。

警察相手に明らかに過失がある場合は、示談交渉もより進めやすいです。ただ、自分にも過失がある場合があるので、その点は気を付けて話を進めていくことが必要となります。もちろん、話に関してはパニックで覚えていないという方もいるので、警察を呼んだ場合に状況を整理してもらうことが重要です。また、自分が被害に遭っている場合は、どのような状態なのかを把握しておくことも重要です。例えば重度の怪我や病気になってしまった場合は、症状固定をおこなって、障害認定なども受ける必要が出てくるかもしれません。そうなると、やはり示談交渉もさらに進めていくことが必要となるのです。それらの場合に備えて、必要となる情報などはしっかり集めておくようにしてください。